投稿日:2024年02月06日
最終更新日:

9AB7AAC7-569A-4749-9252-48369A5C2938

みなさん、こんにちは。

紆余曲折を経て、2023年1月からトライオートFXを本格的に運用し、2023年5月から月平均10万円の不労所得を得ています。

この記事では松井証券FX(matsuifx)でFX自動売買を始める方向けに、これまでとこれからの運用実績について報告していきます。

なお、今週の利確額は、172.131円(桁数注意、少数点数です)でした。

極少額の資金(13,150円目安)で毎月300~1,000円稼いでくれるFX自動売買設定を紹介しています。

トラリピも始めました🔰→トラリピで10万円から月数千円を作る方法

目次


インヴァスト証券「トライオートFX」
トライオートFXの口座開設手順

1.読んでいただきたい方


この記事では、以下のような方を対象にしています。

<投資を始める前の人>

不労所得を得たいが何をしたらよいかわからない方(動けずにいる方

極少額で手軽に始められる投資手法を探している方(投資初心者の方


FX自動売買に興味がある人>

松井証券に既に口座をお持ちの方

極少額で自動売買を試したい方

・手数料が気になる方


MATSUIFXを実際に使っている私の実績と、設定方法・考え方を公開します。

2.MATSUIFXの始め方


松井証券でFX自動売買を始めてみようという人は、まずは口座開設をしてください。

口座開設

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション

MATSUIFX(松井証券)の口座開設手順
― 松井証券でFX口座を手順を画像多めに紹介しています。



口座開設ができたら続いて、自動売買の設定をしていくわけですが、その前に「MATSUI"ミニ"FX」のについて説明します。

MATSUI"ミニ"FXについて

・松井証券のFX自動売買


松井証券FXでは「1通貨単位から取引可能 100円から始められる」というのを特徴として謳っている通り、極少額での取引ができる証券会社です。

2023年に満を持してサービスインした自動売買においても、極少額の取引を売りにしているようです。

なんと、通常取引同様、1通貨単位(0.0001万通貨)で取引可能です。

これは、他社では0.1万通貨単位が最小であることが多い中、驚異的です。

0.1万通貨で取引できることも自動売買のハードルを下げた要因だと思うのですけど、それをさらに超えてきました。

そこで、blogminihomerでは、極少額での自動売買設定(証拠金1万円程度)での運用を試みるとともに、他の証券口座との差異点などを考えていこうと思います。

・MATSUI"ミニ"FXの設定


極少額でも儲かる実感が無いと面白くないし、有益でないと思ったので、1通貨単位ではなく、10通貨単位(0.001万通貨)を最小として取引設定を検討しました。

少しの検討の結果、以下の条件で売買設定を決めました。

取引通貨単位:10通貨単位
 ー極少額とはいえ、少しでも儲けを実感できる単位を設定します。

想定証拠金:1万円程度
 ー1万円以内で運用可能な設定とします。

取扱い通貨ペア:AUD/NZD&EUR/GBP
 ー今、最も人気の通貨ペア、安定のオジキとユロポンを採用します。

○想定レンジ範囲:AUD/NZD:1.05~1.11、EUR/GBP:0.845~0.900
 ー直近1年程度はレンジアウトしない範囲とします。

利確幅:20pips
 ー利益はもちろん多いに越したことはありませんが、手数料が0円であることも考慮して、狭く取ることにします。

その他:レンジアウトしたとき
 ーレンジアウト時には基本的には「耐え忍ぶ」またはその時の証拠金の状況次第でレンジ幅を広げて追加する「レンジ幅拡大グループ」も検討します。

この後、設定については説明していきます。

本記事で記載している松井証券”ミニ”FXの自動売買ではなく、月10万円を継続して稼いでいるトライオートFXのおけるblogminihomer独自の自動売買グループ(基本セット)の複利運用手法を以下で紹介しています。

まずは月1万円程度の不労所得を得るまでにやることを記載しています。

blogminihomerの運用手法紹介

blogminihomerの運用紹介
― 自動売買FXのこと、始め方、月1万円~10万円以上の不労所得の稼ぎ方を紹介します。




3.MATSUI”ミニ”FXの設定紹介


FX自動売買を松井証券で始めてみようとされている方は、ぜひ本記事をご参考にして不労所得生活を始めてみましょう!(不労所得のみで生活できるという意味ではありません)

それでは、早速「MATSUI"ミニ”FX”」を設定してみましょう。

以下に設定手順を画像つきで紹介していますので、ご参考にしてみてください。

「MATSUI"ミニ"FX」設定手順

松井証券FXにログイン


口座開設後、まずはマイページにログインしましょう。

ログイン画面

「自動売買」-「注文」から選択

画面右の「自動売買」から「注文」クリックします。
注文へ

まずはユーロ/英ポンドの売買設定です。

以下のように設定して、「売」「買」それぞれで「注文確認」から注文追加を実行します。

ユロポン売 ユロポン設定

続いて豪ドル/NZドルの設定です。

同様に「売」「買」それぞれ注文追加します。

オジキ売 オジキ買

これをそれぞれ×2セット作成して準備が完了します。(レンジは少しずらすのがポイントです)

今回紹介する自動売買設定を設定後の画面イメージは以下です。

6


あとは24時間自動で売買が進行しますので、利益が積みあがっていくのを待つだけです。

「MATSUI"ミニ"FX」のバックテスト

同じ設定をトライオートFX(インヴァスト証券)でシミュレーションしてみました。(正確には100倍ですけど)

以下画像は、「MATSUI”ミニ”FX」と同様のレンジ設定で算出したトライオートFXの1年間のバックテストです。(トライオートは最小1,000通貨かつ手数料が発生しますのであくまで参考となります)

元手(証拠金)1,315,000円で、1年間に40万円ほどの利益を積み上げる年利32%以上の利益を積み上げることが期待できるとても優秀な自動売買グループです。(月々3万円程度の利益が期待できます!)

MATSUI”ミニ"FXではこの100分の1の証拠金での運用を想定しますので、元手(証拠金)13,150円で、1年間で4,000円ほど、年利32%での運用となる想定です。(月々300円程度の利益を想定)

機能

なお、このバックテストがカンタンに確認できるのもトライオートFXの大きな特徴で、この機能はとても重宝します。

このように、証券口座によって利用可能な機能が相違し、それぞれを利活用することができるため、松井FXをメインとする方でも、トライオートFXの口座も併せて開設することをお勧めします。

口座開設は⇒ インヴァスト証券「トライオートFX」
口座開設手順は⇒ トライオートFX口座開設手順



4.MATSUI"ミニ"FXの1週間の利益


20240204_週次集計


今週は2024年1月29日週の稼働実績表示となります。

今回の利確額は、172.131円でした。(桁に注意です、小数点数です)

月300円をひとつの目標にしているため、十分な結果(?)と言えます。

日次での取引集計は以下をご参照ください。

列ラベル
ユーロ/ポンド豪ドル/NZドル全体の 確定損益全体の (売買損益)全体の (スワップ)全体の 累計損益
行ラベル確定損益(売買損益)(スワップ)累計損益確定損益(売買損益)(スワップ)累計損益
2024/01/2925.51711.26714.2525.5175.0245.42-0.3965.02430.54116.68713.85430.541
2024/01/3021.57822.406-0.82847.09510.90310.8510.05215.92732.48133.257-0.77663.022
2024/01/3126.09526.201-0.10673.1917.78216.271.51233.70943.87742.4711.406106.899
2024/02/0121.61122.304-0.69394.80120.08117.9692.11253.7941.69240.2731.419148.591
2024/02/0211.17111.1710105.9728.6979.007-0.3162.48719.86820.178-0.31168.459
2024/02/033.6723.749-0.077109.64462.4873.6723.749-0.077172.131
総計109.64497.09812.54662.48759.5172.97172.131156.61515.516


5.MATSUI"ミニ"FXの利益の推移


積みあがっていく利益の推移を公開します。

約定していったログからグラフ化しますので、実際の取引状況を感じて頂けるかと思います。

実は2023年7月から同設定で運用開始しておりますので、その経過としてご確認ください。

20240204_月次累計

半年間で4,000超の利益を積み上げてくれています。

現在までに5285.78円稼いでくれました。

10,315円を必要証拠金として青ラインを引いて、積み上げグラフで証拠金に対しての利確額をイメージください。

既に当初想定証拠金の半分に迫る勢いで利益を積み上げてくれています。

20240204_週次累計

トライオートFXのバックテスト結果との差異については別の機会で考察していきますので、こうご期待ください。

6.blogminihomerについて


私は40代サラリーマン(中小企業、中間管理職、既婚、子あり)です。

私は投資歴ほぼ無からトライオートFXを2022年1月から開始しました。

20代の頃にFXを少し齧り、早々に損をして退場しました。(確かNZDJPYを数万円分買い→相場急変、追証発生→ロスカット→退場)

株式他の投資については、業績を予想したり、経済ニュースに注視したりすることが難しいと考え、手を出せずにおりました(今もそうですけど)

投資における裁量取引は自分には難しい。

自動売買には興味はあったものの、怪しげなツールや商材しかないよな。

そう思って長い間、投資とは縁の無い人生を過ごしておりました。

2021年末にトライオートFXに出会い、現在に至っています。

まだ、安全に運用している最適設定です!という風には紹介しにくいところもありますが、これまでの私の経緯や設定内容が、お役に立てることを願い、記事を書いていきたいと思います。

終わりに


最後まで読んでいただきありがとうございます。

今後もFX取引情報を発信していきます。

宜しくお願い致します。

内容に共感いただいたり、参考になったと思っていただけたら、口座開設頂けると幸いです。

口座開設用インヴァスト証券「トライオートFX」
トライオートFX口座開設手順
ー口座開設を画像多めにわかりやすく説明しています。

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション
MATSUIFX(松井証券)の口座開設手順
― 松井証券でFX口座を手順を画像多めに紹介しています。

こちらのクリックもお願いします

ブログランキング用
FX・サラリーマン投資家ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


関連リンク集


よければこちらもお立ち寄りくださいませ。
テーマ記事
blogminihomerの自動売買運用方針
blogminihomerの複利ロードマップ
 ― 証拠金10万を目安に複利で利益を積み重ねる手法の運用方針を解説しています。

自動売買FXで月1万円稼ぐまで
自動売買FXで月2万円の安定した不労所得
 ― トライオートFXの始め方~利確月1万円~利確月2万円を説明しています。

年間実現損益100万円オーバー!
blogminihomerとトライオートFXの1日(不労所得とは)
不労所得(Amazonのページ)
 ― その他雑記。
自動売買グループ設定
AUD/NZD:チャートメイク
 ― 基本4セットのひとつ。月1万円以上利確する主力グループ。
AUD/NZD:バランス型
 ― 基本4セットのひとつ。証拠金10万以内の主力グループ。
EUR/GBP:バランス型
 ― 基本4セットのひとつ。2023年最も活躍したであろう通貨ペア。
USD/CHF:バランス型
 ― 基本4セットのひとつ。クレディスイスショックによりやや不調。
USD/CHF:ダイヤモンド型
 ― トラリピ「ダイヤモンド戦略」模倣するもレンジアウト中。
CAD/JPY:バランス型
 ― マイナススワップに悩まされるも高いボラティリティが魅力
NZD/USD:バランス型
 ― レンジ幅広め証拠金高め。撤退を検討中
EUR/AUD:バランス型
 ― EUR/GBP同様、このまま2023年のチャートが継続すればとても優秀

USD/CHF:レンジ幅拡大グループ
CAD/JPY:レンジ幅拡大グループ
USD/CHF:レンジ幅再拡大グループ
 ― レンジを超えたため追加したblogminihomer運用のキーとなる売買グループ
基本セット分析
AUD/NZD:チャートメイクの最大ドローダウン
USD/CHF:バランス型の最大ドローダウン
EUR/GBP:バランス型の最大ドローダウン
AUD/NZD:バランス型の最大ドローダウン
 ― ドローダウンについて考察

月々のドローダウン基本3通貨ペアまとめ
AUD/NZD:チャートメイクの月ごとの評価損失
AUD/NZD:バランス型の月ごとの評価損失
EUR/GBP:バランス型の月ごとの評価損失
USD/CHF:バランス型の月ごとの評価損失
 ― 月ごとの評価損失について考察

AUD/NZD:ボラティリティ検討
EUR/GBP:ボラティリティ検討
USD/CHF:ボラティリティ検討
CAD/JPY:ボラティリティ検討
NZD/USD:ボラティリティ検討
EUR/AUD:ボラティリティ検討
USD/CAD:ボラティリティ検討
 ― ATRを用いたボラティリティの検討
用語集
FXとは
自動売買FXとは
証拠金とは
通貨ペアとは
レンジとは
ドローダウンとは
ボラティリティとは
スプレッドとは
難平買いとは
スキャルピングとは
 ― 一般的な用語についてもblogminihomerの言葉で解説中。

チャートメイクとは
ビルダー機能とは
 ― トライオートFXの用語についても解説中。